団長日記

都内劇場に暗躍する喜劇団「げんこつ団」団長の日記

◎◎5個主義

社会問題やら政治問題やら国際問題やら、のみならず、
個人間の問題であっても、くっだらない問題であっても、何であっても。

何かについて自分の意見を述べるときは、
最低5個の"◎◎"を、明確にしなきゃいけないなと、思っている。

◎◎における、◎◎については、◎◎としての立場から、
◎◎であると思う、或いは、◎◎とも言える。

これで、"◎◎"、5個。

まず意見する対象を、具体的に絞り込む。
出来るだけ更に、深く絞り込む。
例えば、人間一人、物事一つ、団体一つ、国一つ、
一括りにして断言できることなど、そうそうないと思うので。
ここで最低、"◎◎"、2個、必要。

次に、それがどの立場からの意見なのかを明確にする。
ここで最低、"◎◎"、1個、必要。

そして意見は、断定しない。
ほぼ断定と思われる場合でも、別の切り口を1つは用意。
ここで最低、"◎◎"、2個、必要。

合計、5個。

◎◎は◎◎だ、と、"◎◎"2個で言い切ることや、
◎◎は◎◎だ、と、"◎◎"2個で決めつけることを、
そうして意図的に避けないと、結果、自分が損をする。

他者と意見交換する場合にも、自分一人でものを考える場合にも、
"◎◎"2個じゃ、その意見の先になにも発展が芽生えていかないし、
何かを誤ってしまう可能性が、その分、ぐっと高まるし。
"◎◎"をケチると、結果、自分が損をする。

だから5個。最低、5個。

なんならもっと、"◎◎"を浪費する。いくらでも、浪費する。
"◎◎"の、大盤振る舞い。"◎◎"長者。

だから話し合いの場などでは、「結局、なに」と言われること多し。
それは、駄目だ。"◎◎"の、無駄遣い。

"◎◎"は決してケチらず、しかし有意義に。

ああ、◎◎。されど、◎◎。


口下手なうえにそれだから、けっこう厄介だ。

だから、"◎◎"1個は、いい。

「◎◎!」とだけ叫ぶのは、何の意味もなくていい。


◎◎!!



 
f00348
 

B級映画的夢。

非常に、どーでもいーんだが。
本当に、どーでもいーんだが。

あまりにB級映画のような夢を見たし、珍しく細かく覚えているし。
珍しくげんこつメンバー等も総出演だったので、なんとなく、書いとこう。

ただの夢だから、読んでもまったく、意味ありません。
それでももし読んで下さる方は、よろしければ下の音楽でも聞きながら。

多分この曲を聴いてから寝たせいだ。

https://www.youtube.com/watch?v=Q69UuQxBZUY&index=6&list=RD0k60OiMq5KA
(↑続きの曲も、連続再生。あら、どーでもいーのにヤケに親切。)




舞台は、イタリア。

その郊外で私は、天才サッカー少女として有名だったパオラを見ていた。
パオラはここで、子供の頃にサッカーを教えてもらったという恩師の
女性コーチと久々に再開し、ボールをパスし合っていた。

恩師の蹴ったボールはよく爆発する。パオラは「相変わらずだ」と笑う。
恩師のボールはよく爆発するらしい。それが自慢のシュートらしい。
なんか分からんが「流石イタリアだなあ」と思う私。

ぼこぼこと爆発するボール、笑い合う二人、とてものどかな風景。
木に寄りかかってそれをぼんやり見ていたら、ボールの爆発音に混じって遠くから車の爆音。
何事かと思う間もなくいきなりSWATのような一団がこちらに向かって来る。

何?!と思う間もなく近づいてくる一団、思わず闇雲に走り出す。
しかし同時に背後で銃声。思わず振り返ると倒れているコーチ。悲鳴を上げるパオラ。
私とパオラはたちまち捕まり、ゴツい護送車のような車に載せられて、
仰々しい作りの建物の中の、留置所へ。

パオラは恩師の死にショックを受けつつも、こっそり言う。
恩師の死に報いるにも、これから始まる大事な試合には絶対に出なくてはならない。
パオラはこの事態について何か知っているようだったが試合の時間は近づいている。
とりあえず私は警官らの様子を伺う。そして一瞬の隙をついてパオラを逃がした。

警官は発砲。私も逃げる。ライフルを奪う。応戦しつつ逃げる。
「なんでこんなことに巻き込まれてるんだ、そもそもなんでイタリアにいるんだ、
 つかパオラって誰なんだ、なんだボールが爆発するって。」
ここで泣きそうになる。

仰々しい廊下を抜けて重厚な建物から走り出ると、目の前に車が急旋回&急停車。
その、いかにもイタリア車らしいイタリア車の運転席で女がサングラスをクイッと上げる。
わあ、常連客演の川端だ、意外。同じく同乗者がサングラスをクイッとあげる。
同じく池田と久保田だ。二人は首をクイッとして、乗れと合図。
おー、なんだカッコいい。

ひたすら車を飛ばして街中へ。裏通りに面した古びた建物の2Fに隠れ家があるという。
暗い廊下を抜けて部屋に入れば、そこには副団長植木と団員春原が、指揮官として奥に鎮座。
おー、なんだカッコいい。

勿論、他の団員もいる。前回客演も、過去客演も、ちらほら。
つか、こんなとこで皆、何やってるのん。

とりあえず私はこれまであったことを話す。
「なるほどそういうことか」と、植木。
つまり私たちはここで何かボールを使ったネタをやる予定だったが、
ボールは全て押収されたし、やはり拘束されそうになり、逃げてきたと。

何が「なるほど」なのかよく分からない。
つか何だ「ボールを使ったネタ」って。

しかしともかく、表通りの小さな銀行を襲って小金を手に入れ、
強行的に帰国する作戦を実行するしかないとのことだ。
何それ。いやだ怖い。
しかしマフィアのボスのような凄みで植木は言う。
「それしかない」
何故かそれしかないらしい。それじゃあ仕方ない。

私たちは作戦実行のチャンスを伺いながら、隠れ家で数日を過ごす。
しかしある日私は道で捨て犬らしきボロい犬を拾い、
そのせいでたまたま警官に職務質問される。
ヤバい。言葉わからん。
これまでどうしてたんだか知らんが、ぜんぜん言葉わからん。

怪しむ警官。ああ、色々バレそう。全部バレそう。
困ったどうしようごめんなさい。
一巻の終わり、かと思ったところに、耳をつんざく大爆音。

団員大場と河野がすばしっこく走り出てきて警官を突き飛ばす。
爆破されたのは表通りの銀行。
銀行の前に出てみれば、そこにはまさかのパオラ。

パオラは銀行に爆発シュートを決めたのか。
いやしかしパオラはまだ試合中なはずだ。
パオラのチームは今頃大事な決勝戦…、
しかしパオラが叫ぶ、「今だ、やれ!」

ありがとうパオラ!
我々はとりあえず作戦強行。
手際良く銀行から金を奪い、それぞれ車に乗り込む。
助手席で私は振り返った。後部座席にはパオラがいるはずだった。
しかしそこにいたのは、あのコーチ。
先日撃たれたはずの、パオラの恩師。

ONになったままの車内ラジオはCMが開けてパオラの試合を実況し始める。
…どういうことだ。

「あのシュートはあの子に教えていない」
コーチは語り出す。
「いくらせがまれても教えなかった。
 ボールを爆発させるのは、私だけでいい…」と。

よくわからん。
よくわからんが、なんとなく、車内が静寂に包まれる。

コーチは「空港へ行くのだろう?」と確認したら、黙ってしまった。
手には大きな大きな、サッカーボールを持っている。

ヤバい、こいつ、
空 港 で 何 か や る 気 だ 。

結局、追われているのは、このコーチで。
その一味か何かとの嫌疑が、パオラと我々にかかっていたのか。
そのコーチが、空港で、何かする。
多分、とんでもない数の犠牲者が出る。
目配せする我々。どうしよう。

同乗の前回客演の面々がボールを凝視する。
コーチは前を見据えたまま、不敵な笑みを浮かべてボールをもてあそびつつ言う。
「…何の仕掛けもない。このボールはただのボールだよ」

ただのボールを、あれだけ爆発させられるのか。
やっぱりこいつ、タダモノじゃねえ。

隙を見て春原が私に耳打ちする。空港についたら直ちに走ってこいつを巻こう。

うん、そうしよう。

しかしその時、ラジオで聞こえる歓声に混じって爆音が聞こえる。実況が叫ぶ。
どうやらパオラが追っていたボールが爆発し、パオラが倒れたと。
「パオラがボールを爆発させた、これはルール違反だ!」と。

我々は耳を疑う。ラジオからはサイレンが響く。
コーチは唇を噛み締めて、小さくつぶやいた。
多分、「あいつら、やりやがった」というようなことをつぶやいた。

えーっと。ねつ造??
パオラはボールを爆破させられるはずないのに、爆破させたと公衆の面前で…。

コーチは唾を吐いた。
相変わらず前を見据えたままだが怒りを隠せていない。

わあ、絶対こいつ、何かやらかす…!
確実に、何かやらかす…!

それを受けて植木が私に耳打ちする。空港についたら直ちにディフェンス体勢を取ろう。


え、ちょっと待って。何??ディフェンスって??


植木が皆に目配せする。
強く決意したように、小さくうなずく皆。


え、ちょっと待って。マジでディフェンスすんの??


紙に書いてこっそり回される、ポジション表。
それぞれに小さくうなずきながら、それを確認していく。


ちょっと待って。ヤバい。
オレ、サッカーわからん。ぜんぜんわからん。わからんのよ。


その間も車は猛スピードで空港に向かう。

ああ、もう逃げられない。
ああ、もっとサッカー見ときゃ良かった、つかなんでサッカーなんだ、
せめて他の競技ならば…、いや、球技は駄目だ、ぜんぜん駄目だ、、、

おおおお、、、、

イタリアらしい真っ青な空の下に、ぐんぐん見えてくる空港。
イタリアらしい真っ青な空に向かって、どんどん飛び立っていく飛行機。


ああ、この凄いコーチのシュートを止められるんだろうか?!

ああ、私は、我々は、日本に帰れるんだろうか?!!



……と。ここで目が覚めた。

手に汗握って、サッカー、見なきゃ!と思いながら、目が覚めた。


だ か ら 、 な ん で サ ッ カ ー な ん だ 。


ね?? どーーーでもよかったでしょう??

Generic_football



(あ、こないだ日刊☆えんぶに爆発ネタ書いたのにこの夢も爆発ばっかで。
「爆発好き」って何か馬鹿っぽくて嫌だけど、まったく否定出来ないし悔しい。)

 

酔っぱらい中。

言いたい事はなかなか言えねえ、全然言えねえ。

あ、世の中とかのせいじゃ、全然なくて。


なんかこう、大抵むちゃくちゃだし。

言っても仕方なかったり、まったく意味なかったり。

闇雲にひとを傷つけるものだったり、不謹慎だったり。

きれいだったりきたなかったり、何の影響もなかったり。

ぼんぼぼんぼん。


でもそのむちゃくちゃなことが、大抵、一番言いたいことで。

それ以外は、けっこうどうでもよくて。

いやかなり、どうでもよくて。

もう日々、言ってること全部、どうでもよくて。


このな。そのな。言いたいこと。

なんで言いたいのかさえ分からない、これな。


それは何故だか、脚本になら出来るもので。

いや誰かの台詞でなくて、物事の状況や展開で。


それがなんかこう、今、溜まってしまっているのだよ。

あー、それが面白いか否かは、別として。

 
とにかく、溜まっているのだよー。



以上、下戸の酔っぱらい発言でした。

m


ギャラリー
  • 次回のげんこつはなんと、人が主役!
  • 苦手
  • 早漏
  • 役作り粘土派
  • 役作り粘土派
  • 役作り粘土派
  • 役作り粘土派
  • 役作り粘土派
  • 役作り粘土派
げんこつ団
団長